チャンピックス服用で起きる副作用の眠気について

禁煙に何度も挑戦しているけども、中々目的を達成出来ない人が多いと言います。
煙草による害は喫煙をしている本人だけではなく、家の中で喫煙をすることで一緒に生活をする家族の健康にも悪影響を与える事からも禁煙をしたいと言う人が多いものです。

禁煙外来は医師の協力を得て禁煙を達成する事が出来る治療を行う診療科であり、治療にはチャンピックスが使われるのが特徴です。

チャンピックスは禁煙を決めた1週間前から服用すると言う特徴を持つ禁煙補助剤で、チャンピックスの服用を開始してから1週間だけは喫煙が出来ると言った特徴が有ります。

最初は0.5mg錠を服用しますが、禁煙開始となる8日目からは1mg錠を1日2回服用する事になります。
因みに、服用開始から3日目までは0.5mg錠を1日1回服用し、4日目から禁煙開始の前日までの7日目までは0.5mg錠を1日2回服用する事になるため、8日目からは薬の量が倍になる計算です。

チャンピックスは医薬品であり、医師の処方が必要です。
医薬品で有ることからも、眠気などの副作用が起きる事が在ると言います。

普段の生活の中での眠気と言うのは、自動車を運転している時などは居眠り運転などの事故に繋がるため、服用をした後の自動車の運転は控える事が大切です。

また、チャンピックスを服用して眠気が起きてしまい、自動車事故を起こしたと言う事例も有ることからも眠気に対する副作用を防止する目的において、服用後の自動車の運転は控える事が大切です。

尚、その他の副作用としてはめまいが起きる事も有りますし、意識障害が起きる事も在ると言います。
何れの副作用も、自動車事故を起こす可能性が高くなる事からも、チャンピックス服用後の自動車の運転は危険だと言われているのです。