チャンピックスの服用でアルカロイドの毒性を緩和

たばこに含まれているニコチンは、アルカロイドの一種である有毒物質であることが知られています。
アルカロイド系であるために、即効性の強い神経毒性を持っており、習慣的な喫煙によってニコチンを摂取していると依存症を発生させるリスクが高まります。
そのために世界保健機関では、依存性の高いとされる薬物と同等の扱いをしています。
アルカロイドは植物が清算するもので、抗ガン剤などにも使用されるものがありますが、天然の毒として最も身近なものがたばこのニコチンとなります。
そのために禁煙することは様々な病気の発症を予防するために大切で、多くの国で禁煙が推奨されています。
禁煙に有効な方法として、ランニングを挙げることができます。
禁煙することによってイライラしたり、心理的にストレスが溜まりやすくなりますが、ランニングにはストレスを発散させる効果があります。
また、ランニングすることで運動中には喫煙することが、物理的にできなくなりますので、禁煙につなげられると考えられます。
さらに禁煙効果を高めるためには、禁煙補助剤として認可を受けているチャンピックスの服用がおすすめです。
チャンピックスにはニコチンが含まれておらず、従来までのニコチン製剤を用いた治療法とは異なるアプローチが行えます。
チャンピックスにはニコチン受容体と結合する作用があるために、ドーパミンの放出が可能となって、ニコチン不足による離脱症状を和らげる効果があります。
また、ニコチンを摂取した場合であっても受容体との結合を、チャンピックスが妨げていますので、満足感が得られないようにすることが可能です。
これらの効果があるために、チャンピックスを服用する治療法は、禁煙の成功率を高めているというデータがあります。