案内文や友愛会の活動とチャンピックスの治療

たばこには身体に害を及ぼす様々な化学物質が含まれていますので、禁煙化の流れが進んでいます。
大学では構内を禁煙にする案内文が配布されているところもあり、受動喫煙に関しての予防策として捉えられています。
自治体では禁煙化を推進する案内文や禁煙啓発ポスターなどが制作されており、人通りの多いところで配られています。
案内文やポスターの効果もあって、喫煙によって引き起こされる病気や、受動喫煙の危険性について認知されるようになってきています。
禁煙運動などを活発に行っている団体として、日本禁煙友愛会があります。
日本禁煙友愛会は長野県に本部がある団体で、1955年に設立された組織となります。
日本禁煙友愛会は世界保健機関に表彰された経験もあり、日本において禁煙運動や社会奉仕活動を積極的に展開することで、たばこの危険性を普及させる活動を行っています。
医療機関では禁煙指導から治療へと転換が行われており、健康保険を適用して禁煙治療を受けることができます。
禁煙外来に関しても各地の医療機関に設置が普及しており、禁煙補助剤のチャンピックスの処方が行われています。
禁煙時には様々な離脱症状が起こることがわかっており、たばこに含まれているニコチンによる作用となります。
この離脱症状を和らげるためには、禁煙補助剤のチャンピックスが高い効果を発揮する医薬品となっており、ニコチン受容体と結合することでドーパミンの分泌を促進させます。
この作用によって、一定の満足感が得られますので、たばこを吸わない体質にすることが可能です。
また、チャンピックスの服用時に喫煙を行ったときであっても、受容体との結合を妨げますので、満足感が得られなくなる効果もあります。